コア技術
微生物叢解析・制御技術

大規模DNA分析から得られたデータから、植物と微生物との相性を推定。土壌という地下における植物と微生物との共生ネットワークを解明する研究成果をコア技術としています。

コア技術により、構成種数が数千~数万に及ぶ微生物の集団(微生物叢)の構成や機能を解析。

微生物叢の時間的、環境的要因による変化を推定します。

植物と微生物との共生ネットワークを解析、制御する
IMG_1293.jpg
植物と菌の共生簡略図.png
Toju_et.al_2014_NatureCommunications.png

出展:Toju et al. (2014) Nature Communications

植物の根と共生菌.png

植物の根と共生する真菌類の菌糸

出典:Toju et.al 2021 Frontiers in Microbiology

微生物コレクション

野外生態系において質量ともに細菌より重要と考えられながらその重要性に見合うまでの産業利用は進んでいない真菌類。当社は細菌類はもちろん、未知の可能性に溢れる真菌を単離した単離菌株のコレクションを構築し、そのデータベースやハンドリングノウハウといった知の資産を活用します。

ATS3046_1per4PDA_1week_1.jpg
KIN2523_1per4PDA表.jpg
ATS20063069_210213_継代後_all.JPG
ATS3031_1per4PDA_1week_1.jpg
対峙培養_KGW3309xATS3072_1.jpg
NWH20082018_210227_all.JPG
ATS3048_1per4PDA_1week_1.jpg
ORG-R05_ORG-R05_1per4PDA_210807_Day10_裏 (2).jpg
NSM-R20102403_all.JPG
対峙培養_ATS3046xHOK-R05_1.jpg
Innovation Forum

生物多様性保全が求められる時代において、複雑で難解な自然生態系を解明し、持続可能な経済社会で用いられるテクノロジーを創出し、事業化するためには様々な領域の専門家や実務家の知見や検討、多くの試行錯誤を必要とします。
私たちは、東樹宏和京都大学准教授の研究成果(基礎研究)から持続可能な経済社会を構成する事業を創造するため、当社技術の協働開発コミュニティ「Innovation Forum」を形成。さまざまなステークホルダとともに基礎研究から事業創造までの多段階プロセスを進んでまいります。

進行中のForum (2022年2月現在)

【生態系データ活用Forum】 2021年1月~

生態学について専門的な知見を有する専門家を中心にしたフォーラム。
生態系を解明するカギとなる様々なデータの取得・活用動向について情報交換しながら、生態系に関するデータを活用する事業の動向・アイデアなどを議論しています。