事業コンセプト

複数の科学領域を融合した新たな技術による課題解決

生態学×菌類学×ネットワーク科学の融合

野外調査をベースとして地球環境という複雑なシステムの謎に迫る生態学、実験室でのwetな実験系を駆使してミクロの世界を探査する菌類学、最新のビックデータ分析技術を取り入れて生態系を構成する生物同士のネットワークを解き明かすネットワーク科学。

自然生態系という複雑なシステムを科学的に解明し、人が地球生態系を持続可能に利用する新たな方法を提案する。

そのために、私たちは生態学、菌類学、ネットワーク科学という異なる科学領域を融合したサービスを提供します。

サービス

Microsoft PowerPoint - 料金&サービス体系v1_20200

​★は当社独自技術によるサービス

IMGP0121.JPG
micorobes.jpg

①調査・サービス設計

お客さまの課題を解決するために必要な試料採取や生態系観察を設計し、調査を行います。生態系調査やサンプリングを当社の独自ノウハウで行うことにより②の工程での生態系の機能、構造の解明、③の工程での有用な機能を持つ微生物の資源化を可能とします。

②データ解析

当社のシーズ技術である植物―微生物共生ネットワーク解析技術、微生物叢動態解析技術などを用いて、生態系における未知の機能や動態を解明。活性汚泥や発酵微生物といった微生物叢の構造把握、制御、機能改変などによる微生物叢の新たな利用技術の開発、微生物叢動態の最適化による生物処理の改善・安定化、農林業における病害被害の解明や制御法の開発に必要な知見を提供します。

③菌の資源化

①で採取した試料に含まれる微生物を単離。当社シーズ技術・植物―微生物共生ネットワーク解析技術などを用いて、単離した微生物の機能を推定します。当サービスにより、有機物分解や発酵能、抗菌・制菌物質生産能、農林業における病害抑制能、成長促進能などを有する微生物を資源化、農林業、工業分野での利用をサポートいたします。

④コンサルティング

②で得られた知見をベースに、植物栽培における資材コストの低減や収量向上につながる知見の提供、活性汚泥や発酵とといった微生物利用技術の改善・改良、微生物の新規な利用法・資材化といった新しい技術/事業開発をサポートいたします。多分野融合科学技術の開発を行う当社ならではのノウハウ、体制により、生態学、菌類学、ネットワーク科学という複数科学領域を融合させた領域での実験、開発計画の立案、実行をサポートします。

⑤生態系リデザインTM

当社シーズ技術・植物―微生物共生ネットワーク解析技術をベースに、野外調査/観察ノウハウ、資源化した微生物コレクションなどを活用。地域の文化・風土や対象地の気候・立地条件を考慮してその地域の資源を活かす生態系をバックキャスト思考で設計。当社が保有する植物―微生物共生ネットワーク誘導技術などを用いて、設計した生態系を科学的に誘導し、SDGs先進的で経済価値のある農林業経営が可能な生態系づくりをサポートします。

収益性が低下した土地に経済価値のある農林産物を産出する生態系を誘導することで、土地の収益性の向上を図ります。

「生態系リデザイン」とは、当社の造語であり、”いまある生態系”の構造と価値を分析し、”いまある生態系”が有するポテンシャルを活かして経済社会的な価値が高められた”望ましい生態系”を景観生態学や植生デザインの知識を用いてバックキャスト思考で設定し、設定した生態系を科学的に誘導することを指します。

⑥菌資源の利用

③で資源化した菌資源と当社が保有する植物―微生物共生ネットワーク誘導技術などを用いた強化苗の作製、菌資源を用いた肥料、病害抑制剤その他の農林業・工業資材の作製技術の開発などを行います。

また、強化苗や各種資材の作製に必要な菌資源のご提供も行います。